前へ
次へ

慢性的な腰痛は脊柱管狭窄症の可能性があります

腰痛や足の痛み、下半身の痺れなどが見られる時は、脊柱管狭窄症の可能性があります。歩行をしている時に、腰の痛みを感じることが多いですが、前かがみになると痛みが緩和することが多いです。脊柱管狭窄症は脊柱の管が細くなる病気ですが、自然治癒をするのは難しいです。整形外科の病院では、内服薬の処方を行ったり、理学療法などの治療を行います。薬を続けていても、腰痛が改善しない時は外科手術を行うことが多いです。慢性的な腰痛や下半身の痺れなどで悩んでいる人は、整形外科でMRIやCT、レントゲンなどの検査を受ける必要があります。脊柱管狭窄症は加齢が原因の病気なので、60代以降の年代に多い病気です。脊柱管が細い人は、30代ぐらいの若い人でも罹る可能性があります。放置をしておくと痛みがひどくなったり、歩行が困難になることがあります。早い段階で治療を受けることで、辛い症状が改善します。口コミで評価の高い整形外科の病院を選んでおくと、体に負担の少ない手術が受けられます。

Page Top