前へ
次へ

腰痛になる原因を探る

人間は、無理な体勢で座ったり歩いたりすると、なぜか腰に痛みが生じることがあります。なぜ腰痛になるかと言えば、筋肉を伸ばしすぎなことが原因の1つです。関節が痛くなるような腰痛もありますが、どちらかと言えばそれはヘルニアのような形になるでしょう。一般的に腰がだるいと言われている腰痛のほうは筋肉の伸ばしすぎです。例えば猫背になった姿勢だと、背中の筋肉が伸びておなか側の筋肉が縮むはずです。このような状態になるといつの間にか筋肉に痛みが生じてしまいます。特に伸ばしすぎた筋肉は血流の流れが悪くなってしまうため、結果的にそれが腰痛につながる可能性があるわけです。そうだとすれば、これを治すための方法は単純で、無理な姿勢をしないことです。また血流が悪くなった場合には、マッサージなどの治療を受けることで治ることもあります。一般的に腰の痛みにマッサージが効果的と言うのは、血流が悪くなっていてそれを良くするためです。

Page Top