前へ
次へ

腰痛の時には温湿布か冷湿布かを知る

肩こりや腰痛の時にはいろいろな薬で緩和が可能です。手軽なのが湿布でかつては冷湿布しかありませんでした。患部が炎症を起こしているときはその炎症を抑えることで痛みも軽減でき、冷湿布は冷やすアイテムとして便利です。腰痛においても原因が炎症であるなら冷湿布を使うと良いでしょう。ただ原因が必ずしも炎症でないときもあります。肩こりの原因としては血行不良がありますが、腰においても血行不良で鈍痛が長く続くときもあります。血行不良の時に使うと良いのが温湿布で、こちらには湿布の成分として血行を良くするものが入っています。トウガラシに含まれるカプサイシンなどが入っているようで、貼っておくとその部分がポカポカしてくるのがわかります。鈍い痛みが続いているのであれば温湿布を使うのも良さそうです。ぎっくり腰は急な刺激によって起きた炎症が原因なので冷湿布が良いでしょう。冷やすのがいいのか温めるのがいいのか判断して湿布を使うようにしましょう。

Page Top