前へ
次へ

寝ているときに起きる腰痛を知る

朝起きると腰痛を起こしている人は、寝ているときのマットレスに気をつけないといけません。マットレスや固すぎてもよくないですが、柔らかすぎても腰に対して負担をかけるといわれています。腰には脊柱があり腰部に関してはカーブのついた腰椎と仙骨、尾骨があり骨盤との融合によって腰回りを形成している状態です。脊柱には部分的になると7個の頸椎、12個の胸椎、そして5個の腰椎とわかれますので、それぞれが本来は独立した関節として人間の身体を支えています。また中にはまったく動きのない関節も存在しますが、神経がそれぞれに通っているために身体の不調が出るのは、脊柱が原因となっていることもあります。そういう意味では腰痛が起こっているからといって、腰だけの問題ではないケースも多くあり、中には足のふくらはぎを楽にすることで痛みが止まることもよくあることです。また寝ているときに気をつけたい項目としては、枕の高さも関係していて、ある程度自分にあった高さを選ぶことで腰痛を防ぐことができます。こちらも頸椎との関係になりますが、首に対する負担はそのまま背中につながタテ生き、背中から下の腰部に対して筋肉が固くなることも少なくありません。こういった筋肉が固くなる傾向にはマッサージは効果がありますし、温泉などで筋肉を弛めることで血行を良くすることも効果があります。寝ているときには寝返りを打つことは自然現象の一つですが、実はこの寝返りをうたないようになってしまうと腰痛の原因となってしまいます。寝返りはどうして打つのかというと、実は体のバランスを整えるためのに体を捻ったり動かしたりすることで、筋肉から脊柱のバランスを整えるのが役割です。これが寝ている環境が悪くなると、寝返りが打てなくなるので腰に対する負担が大きくなり、慢性の症状に繋がってしまいます。慢性になってしまうといつの間にか痛みが当たり前になって慣れてしまい、何よりも気にしなくなってしまいます。

https://hiyoly.net/
慢性的なからだとこころの症状にはりというご提案を行っています

家族の新しいを東京でご提案
代理出産という新しいご提案
赤ちゃんの法的な親権を得ることができます

生活面も含めた総合アドバイスでお子様を診ます
子どもの環境までも考えた治療に取り組んでいます

杉並区高円寺で突発性難聴・肩こり・腰痛治療なら真整体施療院

ミラクル.エンジェルス
体外受精のためのサイクルづくりなどのサポートや専門クリニックの予約もしてくれます。

Page Top