前へ
次へ

間違ったトレーニングが腰痛の原因になる

スポーツやトレーニングは体のためには適度に行うのが良いとされています。子供のころの体育の授業やクラブ活動などで行ったものを大人になってから思い出してやろうとする人もいるかもしれません。ただスポーツの世界においてもいろいろ研究が進んでいて、かつて行われていたトレーニング方法に問題が見つかることもあります。腹筋を鍛えるのにいいとされていたトレーニングは今は腰痛の原因になるとされるので行ってはいけません。良くないトレーニングの内容は仰向けに寝た状態でひざを伸ばし状態を起こしたり戻したりするのを繰り返す物になります。これは腹筋を鍛えられないだけでなく無駄に腰に負担がかかり知らずに何度も行うと腰痛になってしまいます。腰に負担をかけないためにはまずはひざを曲げて、状態を起こすのではなく首を少し上げる程度の動作を繰り返します。このとき腹筋に力が入っているのを確認しながら行うと良いでしょう。一見トレーニングになっていないように見えますがより安全に鍛えることができます。

Page Top